トヨタ、北米での生産拡充---TABCでエンジン、メキシコでトラック荷台

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ、北米での生産拡充---TABCでエンジン、メキシコでトラック荷台
  • トヨタ、北米での生産拡充---TABCでエンジン、メキシコでトラック荷台
  • トヨタ、北米での生産拡充---TABCでエンジン、メキシコでトラック荷台
  • トヨタ、北米での生産拡充---TABCでエンジン、メキシコでトラック荷台
  • トヨタ、北米での生産拡充---TABCでエンジン、メキシコでトラック荷台
トヨタ自動車は2日、北米での現地生産拡充の一環として、触媒やプレスなどの部品製造拠点であるTABC(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・デ・バハ・カリフォルニア)社で、新たに直列4気筒ガソリンエンジンの組み立てを行うと発表した(既報)。 

TABCは1974年の設立で従業員は637人。部品のほかトラック用のデッキも生産しているが、このデッキの生産が04年からメキシコ工場に移管されるため、新たな生産品目としてエンジンを加えることにした。

投資額は700万ドル(約8億4000万円)。組み立て数量は、年間約6万8000基を予定している。2005年に開始し、GM(ゼネラルモーターズ)との合弁会社であるNUMMI(カリフォルニア州)で生産するピックアップトラック『タコマ』向けに供給する。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集