【新聞ウォッチ】大丈夫? 日産ゴーン社長、北米市場で強気の“公約”

モータースポーツ/エンタメ 出版物

【新聞ウォッチ】大丈夫? 日産ゴーン社長、北米市場で強気の“公約”
  • 【新聞ウォッチ】大丈夫? 日産ゴーン社長、北米市場で強気の“公約”
  • 【新聞ウォッチ】大丈夫? 日産ゴーン社長、北米市場で強気の“公約”
気になるニュース・気になる内幕——今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2003年5月28日付


●日本経団連1年、奥田氏依存、どう脱却(読売・9面)

●ディーゼル排ガスの微粒子、花粉症悪化の“犯人”(読売・38面)

●「エコ」車普及へ4省庁連携、駐車場の割引きなど案持ち寄って検討(朝日・2面)

●三菱自動車、新体制1年、利益率、目標達成なお先、「開発投資抑制、間違い」エクロート社長に聞く(朝日・11面)

●4月、自動車5社の国内販売明暗(朝日・11面)

●日産米新工場が稼働/北米車現地生産85%に増やす、ゴーン社長会見(産経・9面)

●都営駐車場で車庫証明、昭和40年代から一部企業など(産経・27面)

●自動車販売会社「クイック」詐欺罪で告訴、会社社長ら4人(産経・30面)

●日産「グロリア」などリコール(東京・30面)

●トヨタの改造車、オートバックス、内外装、個性的に(日経・31面)

ひとくちコメント

日産自動車が米国ミシシッピ州キャントン市に建設した新工場で、新型ミニバン『クエスト』の生産を開始した。現地で記者会見したカルロス・ゴーン社長は「来年半ばをメドに北米で販売する自動車の現地生産比率を現行の75%から85%に高め、北米での生産能力は130万台となるが、5年先にはそれでも不充分になるだろう」と相変わらず強気の発言で北米市場での販売拡大に自信を示したという。

日経や産経などは自動車担当記者が現地入りして同行取材しているとみえて、「キャントン発」で報じている。毎日は共同通信の配信記事。朝日には掲載されていない。なかでも、日経は「日産、米新工場を稼働、米大型車市場に本格攻勢、SUVなど6車種、30万台販売増狙う」というタイトルで企業総合面のほぼ半分のスペースを割いて大きく取り上げている。

ただ、ゴーン社長の意気込みとは裏腹に米国での新車販売が失速気味。厳しい環境の中で強気の“公約”が守れるかどうか……。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集