【スバル『レガシィ』発表】挑戦的に生まれ変わったデザイン

自動車 ニューモデル 新型車

【スバル『レガシィ』発表】挑戦的に生まれ変わったデザイン
  • 【スバル『レガシィ』発表】挑戦的に生まれ変わったデザイン
  • 【スバル『レガシィ』発表】挑戦的に生まれ変わったデザイン
  • 【スバル『レガシィ』発表】挑戦的に生まれ変わったデザイン
  • 【スバル『レガシィ』発表】挑戦的に生まれ変わったデザイン
  • 【スバル『レガシィ』発表】挑戦的に生まれ変わったデザイン
新型『レガシィ』が目指したものは走りと機能と美しさの融合。「存在として美しいか、否か。」というワゴンのキャンペーンフレーズからも、そのデザインに対する思い入れと自信がうかがえる。 スバルがデザイン改革を行った後、初のモデルがレガシィだ。これまでコンサバティブと評されることが多かったレガシィが挑戦的に生まれ変わった。

デザイン部主管、スタジオチーフデザイナーの若尾文男氏は、これまでにない挑戦的なデザインについては「このクルマのもてるポテンシャルを声高に表現しきる、そしてコンセプトを明確にすることが目標でした」と語る。

「正直、今までは表現しきれていませんでした。従来はワゴンとスポーツカーのクロスオーバー的な考えで、荷室などの機能を重視していました。新型ではプロポーションから見直し、まず美しい姿ありき、と考え方そのものを変えたのです」と語った。
《》

編集部おすすめのニュース

特集