アウディ、アルミボディカーの生産が累計25万台

自動車 ビジネス 企業動向

アウディ、アルミボディカーの生産が累計25万台
  • アウディ、アルミボディカーの生産が累計25万台
アウディ・ジャパンは23日、累計25万台目となるアルミニウムボディカーが、現地時間の21日、ネッカースウルム工場をラインオフした、と発表した。同社がアルミニウムボディカーの生産を開始したのは1993年。この10年間弱の間に、『A8』を11万7000台、『A2』を13万3000台生産した。

アウディは1993 年に、アルミニウムフレーム構造である「アウディ・スペース・フレーム」(ASF)のコンセプトを確立し、1994年にA8に採用、世界デビューした。さらに、99年のフランクフルトショーでは、アウディA2が世界デビュー。2001年には、世界初の5ドア3リッターカーA2「1.2TDI」を発売した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集