盗難車の挙動お見通し---指名手配犯、ヘリコプターに負ける

自動車 社会 社会

20日午前、茨城県鹿嶋市内の国道51号線で、盗難届けの出ている乗用車を鹿嶋署のパトカーが発見した。鹿嶋市内を縦横無尽に逃げ回ったが、最後には自損事故を起こして運転していた男が負傷。立ち往生したところを逮捕されている。

茨城県警・鹿嶋署によると、問題のクルマを発見したのは20日の午前9時15分ごろだったという。鹿嶋市清水の国道51号線を鹿嶋署・地域課のパトカーがパトロールしていたところ、前方に盗難手配のかかっている乗用車を発見、追跡を開始した。パトカーはドライバーに止まるように指示したが、これを無視するかのように速度を100km/h程度まで上げて走り続けた。

交通量も多く、このまま追跡を続けると別のクルマが関係する事故に発展する恐れがあったことから、県警ではヘリコプターを鹿嶋市上空に出動させ、上空300mから逃げるクルマを追い続けた。パトカーは一定の距離を保ちながら追跡しつつ、進行方向に別のパトカーを先回りさせるなど、包囲網を狭めていった。それでも容疑車両はおよそ1時間30分に渡って鹿嶋市内を縦横無尽に走り回った。

しかし、前方に回りこんでいたパトカーに気を取られたためか、午前10時50分ごろに電柱へ衝突するという自損事故を起こした。運転手は負傷したが、鹿島署は乗っていた41歳の男を窃盗容疑で逮捕した。

実はこの男、民家の駐車場からクルマを盗み出そうとした窃盗未遂容疑で指名手配されていた男とわかり、警察では「ヘリコプターで追跡する価値はあった」とコメントしている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集