車内で仮眠する際には気をつけて!! 強盗被害で負傷

自動車 社会 社会

19日未明、兵庫県西宮市内の市道で、クルマを止めて車内で仮眠していた30歳の会社員が複数の男たちから襲撃を受けるという事件が起きた。警察では強盗致傷事件として捜査を進めている。

兵庫県警・西宮署の調べによると、事件が起きたのは19日の午前4時30分ごろだという。西宮市屋敷町の市道で、30歳の会社員の男性が帰宅途中に眠気を覚え、クルマを止めて車内で仮眠していたところ、3人の男がゴルフクラブなどでクルマのガラスを割り、男性に対して「カネを出せ」と要求した。

男性が断ると、男たちは催涙スプレーを吹きかけるなどしたが、男性がクラクションを押しっ放しにすると、現場からクルマで逃走した。男性は催涙スプレーによって目を負傷したほか、足もゴルフクラブで殴られて打撲する軽傷を負っている。

現場は南北を幹線道に挟まれた閑静な住宅地で、被害にあった男性も警察の取り調べに対して「住宅地なら静かだし、眠りやすいと思った」と供述している。しかし、今回はそれが裏目に出て被害にあってしまった。

警察では「眠いときには無理して運転せず、仮眠することが事故防止のために重要だが、場所を選ぶ必要があるのも事実。どうしても街灯の少ない場所を選んでしまいがちだが、防犯対策という面ではそれが好ましくない」とコメントしている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集