洗車機に水を飲ませて誤作動させる!? 窃盗で逮捕

自動車 社会 社会

北海道警は13日、コイン洗車場に設置された洗車機を誤作動させ、無賃洗車していた20歳の男を窃盗の現行犯で逮捕したことを明らかにした。意外なものでセンサーを誤作動させ、無賃で洗車機を使っていたという。

北海道警・札幌東署の調べによると、この男は13日の午前1時30分ごろ、札幌市東区伏古一条のコイン洗車場に進入し、設置された洗車機の料金投入口に水を流し込み、センサーを誤作動させて無賃で洗車しようとした疑いが持たれている。

この洗車場では3年ほど前から同様の手口で不正利用される例が後を絶たず、業を煮やした経営者や役員が張り込みを実施。犯人の割り出しを行っていた。今回逮捕された男は投入口にペットボトルで水を流し込む現場をキャッチされて取り押さえられ、警察に引き渡されたという。

洗車機は屋外に設置されていることや、水を扱うことから多少の水濡れではセンサーが誤作動を起こさない設計になっているが、この洗車場に設置されていた機種では料金を投入したのと同じ挙動を示す誤作動を起こしていた。

逮捕された男は取り調べに対して「先輩からやり方を聞いた」と供述しているという。警察では同様の犯行が広がっているとみて他の容疑者の割り出しを急ぐとともに、周辺の洗車場で同様の被害が発生していないかについても調べを進めていく方針。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集