【カロッツェリア『AVIC-H9』シリーズ】道はナビに聞け!

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

カーナビ自身がドライブのプランを作成する「ドライブプランナー」の採用はもちろん『AVIC-H9』シリーズが初めてだ。開発の背景にはどのような考えがあったのか。「カーナビに個性や人格を持って欲しかった」と、パイオニアのモーバイルエンタテインメントカンパニーの畑野一良・ナビゲーション担当部長は説明する。

「カーナビを開発する誰もが言うことだと思いますが、開発者の目標はナイトライダーに出てくる“ナイト2000”なんですよ。ナビ自身が意思を持ってドライバーに語りかけ、ドライブの行き先までも一緒に考えてくれる。今回のサイバーナビではAI(人工知能)までは至りませんでしたが、理想に一歩近づきました」と語る。

ナイト2000への道のりはまだまだ遠そうだが、これまではパッシブな使い方しかできなかったカーナビが初めてその一線を越え、アクティブな使い方を提案しだしたという意義は大きい。「道は星に聞く」というのは同社のカーナビが発売された当時のキャッチフレーズだが、これからはナビ自身に聞けばいいのだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース