栃木県の迷惑行為某条例初適用者はインディ・ジャパン300とともにやってきた

栃木県警は14日、茂木町のツインリンクもてぎでダフ屋行為を行っていた男を13日に県迷惑防止条例違反で現行犯逮捕していたことを明らかにした。栃木県の迷惑防止条例は今月1日から施行されたばかりで、今回の逮捕がその初適用となった。

自動車 社会 社会
栃木県警は14日、茂木町のツインリンクもてぎでダフ屋行為を行っていた男を「栃木県公衆に著しく迷惑をかける行為等の防止に関する条例」違反で13日に現行犯逮捕していたことを明らかにした。栃木県の迷惑防止条例は今月1日から施行されたばかりで、今回の逮捕がその初適用となった。

栃木県警・茂木署の調べによると、栃木県迷惑防止条例(入場券の不当売買などの禁止)違反の現行犯で逮捕されたのは、埼玉県に住む42歳の男。この男は13日の午前9時30分ごろから茂木町のツインリンクもてぎの駐車場付近に出没。同日開催されたIRL=インディ・レーシング・リーグ、インディカーシリーズ第3戦「インディ・ジャパン300」の前売りチケット(1万4000円)とパドックパス(1万円)を組み合わせて「正規ルートで買うよりも安くしておくよ」と言いながら、駐車場からサーキットへ向かう客に執拗につきまとった疑いが持たれている。チケットは券面価格よりも安い2万円で販売。実際に販売していたところを警戒中の茂木署員に見つかり、現行犯逮捕された。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集