ダイムラークライスラー日本第1四半期、好調なのはメルセデス

ダイムラークライスラー日本は、各ブランド別の2003年1−3月期販売実績を発表した。メルセデス乗用車部門のうち、メルセデスベンツは、前年同月比12.8%増の1万1308台となり、大幅に前年を上回った。

自動車 ビジネス 企業動向
ダイムラークライスラー日本第1四半期、好調なのはメルセデス
  • ダイムラークライスラー日本第1四半期、好調なのはメルセデス
ダイムラークライスラー日本は、各ブランド別の2003年1−3月期販売実績を発表した。

メルセデス乗用車部門のうち、メルセデスベンツは、前年同月比12.8%増の1万1308台となり、大幅に前年を上回った。市場はコンパクトカーにシフトしているが、新型モデルの『Eクラス』、『Sクラス』、『CL』、『CLK』が好調だった。『スマート』は、モニターキャンペーンを展開したものの、振るわず同46.0%減の1084台と半減した。

クライスラー部門は、クライスラーが同7.3%減の987台、ジープが同0.5%減と微減の654台だった。『ボイジャー』や追加投入した『PTクルーザーツーリング』は順調だったが、全体を押し上げるレベルにまでいかなかった。

商用車部門はアクトロスが同16.4%減の107台、T1Nが同171.4%増の28台だった。アクトロスは、排ガス規制を前に3月から好調な販売となっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集