2004年には年15万台に拡大---トヨタの中国生産

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ自動車の白水宏典副社長は9日、中国・第一汽車との共同生産に関する記者会見で、新たに加わる『カローラ』などが立ち上がる2004年の中国生産は年15万台規模に拡大する見通しを明らかにした。05年には『クラウン』(当初年5万台)も生産開始するため、同年には20万台水準になり、トヨタの中国事業は一気に加速する。

トヨタは昨年9月から第一汽車グループとの合弁会社である天津豊田で小型セダン『ヴィオス』の生産を開始した。同モデルは販売好調であり「現在、9月生産分まで予約が決まっている」(一汽の竺延風総経理)という。このため、今月から生産能力を倍増させ、年6万台規模に拡大させた。

トヨタは2010年までに中国市場で10%のシェア獲得を目標にしている。ただ、市場の伸びが急速であるため、トヨタの生産も一段と拡大させる必要がある。豊田章男常務は「市場が想定より拡大しても、シェア10%を目指したい」と、今後の生産拡大に意欲を示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集