横浜でクルマ9台が炎上---連続放火事件

自動車 ニューモデル 新型車

7日未明、神奈川県横浜市内の4カ所で駐車中のクルマやオートバイが燃える不審火が相次いだ。被害を受けた車両の総数は9台で、現場が半径2km圏内に集中していることから、警察では連続放火と断定。調べを進めている。

神奈川県警の調べによると、最初の火災が発生したのは7日の午前1時30分ごろだという。横浜市泉区岡津町の民家に置いてあったバイク10台のうち、シートを掛けていた6台が炎上しているのを住民が発見、消防に通報した。

さらに午前3時ごろ、最初の現場からおよそ4km離れた瀬谷区阿久和東の駐車場でバイク1台が、100mほど離れた別の駐車場で乗用車1台が燃える火災が発生。午前4時には両現場から1kmほど離れた旭区中希望が丘のマンション駐車場に止めていたバイク1台も燃えた。

被害を受けた9台はいずれもシートを掛けた状態で保管してあり、駐車場内に忍び込んだ何者かがシートに火を放ったとみられている。全ての現場が半径2km圏内に点在していることや、犯行時間が連続していることなどから、警察では駐車場内の車両を狙った連続放火事件と断定し、不審な人物や車両を目撃しなかったかなどの聞き込みを行いながら犯人の追跡を行っていく方針。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集