200台差!! 日野は30年シェアトップを死守……2002年実績

日野自動車は、国内の2002年度(2002年4月−2003年3月)の普通トラック販売シェアがトップとなり、30年連続と1位になったと発表した。2位は三菱ふそうで、の差はなんと200台。

自動車 ビジネス 企業動向
日野自動車は、国内の2002年度(2002年4月−2003年3月)の普通トラック販売シェアがトップとなり、30年連続と1位になったと発表した。

2002年度の日野の普通トラックの販売台数は、前年同期比2.7%増の2万2686台でシェアトップとなり、1973年から30年連続でシェアトップを守った。2位は三菱ふそうで、同4.7%増の2万2492台だった。その差はなんと200台で、ギリギリでトップを守った。

2002年度の普通トラック販売は、排ガス規制の強化を前に、年度後半から好調に推移しており、4社とも前年を上回っており、販売競争もし烈になっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集