50ccエンジンはもう古い、これからは電気モーターのヤマハ『パッソル』に乗ろう

自動車 ニューモデル 新型車

50ccエンジンはもう古い、これからは電気モーターのヤマハ『パッソル』に乗ろう
  • 50ccエンジンはもう古い、これからは電気モーターのヤマハ『パッソル』に乗ろう
ヤマハ発動機は9日、電動2輪車『パッソル』を11月から地域限定で先行販売を開始すると発表した。リチウムイオンバッテリーでモーターを駆動し排ガスをゼロ化した。都市生活を楽しむアクティブな若い女性をメインターゲットに新たな2輪市場の創出を狙う。

新商品はアルミニウムを多用した軽量・スリムなボディーにヤマハが独自開発した超薄型パワーユニット「ヤマハ・インテグレーテッド・パワーユニット(YIPU)」、脱着式リチウムイオン電池を搭載。電気で駆動する新タイプの2輪車とした。都会での比較的短距離の移動手段を想定して開発したもので、手軽に使えるよう重量を通常の50ccスクーターより約4割ほど軽い44kgとしたほか、全長は153cmとコンパクト設計にした。

脱着式のリチウムイオン電池は家庭用電源を使って充電でき、2時間半でフル充電できる(専用充電器が必要)。1回の充電によって32km(30km/hでの定地走行)走行できる。

11月からの販売は地域・台数限定とし、500台を東京・神奈川・千葉・埼玉を対象にWebサイト経由で販売する。来年春頃からは本格的な販売を開始し、国内で年間6000台の販売を計画している。

限定販売でのメーカー希望小売価格は20万円。ただし専用充電器は別売りとなり、こちらは1万5000円を予定している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集