【トヨタF1ドリーム】日本GP控えて記者発表「来季ドライバーは……」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【トヨタF1ドリーム】日本GP控えて記者発表「来季ドライバーは……」
  • 【トヨタF1ドリーム】日本GP控えて記者発表「来季ドライバーは……」
  • 【トヨタF1ドリーム】日本GP控えて記者発表「来季ドライバーは……」
  • 【トヨタF1ドリーム】日本GP控えて記者発表「来季ドライバーは……」
  • 【トヨタF1ドリーム】日本GP控えて記者発表「来季ドライバーは……」
トヨタ自動車は9日、東京臨海副都心のMEGAWEBにおいて冨田務トヨタ自動車常務取締役兼TMG(トヨタモータースポーツ社)会長、オベアンダーソンTMG社長らF1首脳が出席して記者会見を行ない、13日に決勝レースが行なわれる日本GPについての決意を語るとともに、これまでの活動の総括と、これからの見通しを語った。

会見にはほかに、ミカ・サロとマクニッシュの2人のドライバー、TMGチーフデザイナーのグスタフ・ブルナー、TMGテクニカルコーディネーターの高橋敬三が出席した。

冨田TMG会長は「あらためてF1の厳しさを感じた。ルーキーとしては及第点だが、ルーキーでなかったら落第だ。また、考えていたより日本で一般のF1に対する関心は高かった」と参戦一年目の感想を述べた。

気になる来季のドライバーについて、一人はオリビエ・パニスに決定しているが、冨田会長は「未定」としたが、「発表次期は近付いている」とも語った。また日本人ドライバーについては「念願ではあるが、長い目で見てじっくり育てたい」と述べた。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品