【株価】米国株安受け全面安、9月の新車販売プラス化も材料視されず

自動車 ビジネス 株価

米国株式が6年半ぶりの安値を更新したことを嫌気し、全体相場は大幅続落。輸出関連を中心に売られ、自動車株も全面安となった。9月の新車販売台数が4.5%増と13カ月ぶりに前年同月比プラスに転じたが、市場は完全に無視。

トヨタ自動車が、前日比70円安の3060円と続落。『ヴィッツ』『ファンカーゴ』など約40万台のリコールを届け出たが、9.9%増となった9月の販売台数は材料視されず。

ホンダが20円安の4910円と続落、日産自動車も続落し900円台を割り込んだ。三菱自動車工業は岡山県の系列部品メーカー2社を全額出資子会社にすることを発表したが、2円安の244円とさえない。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集