【トヨタ『マークIIブリット』発表】「走り」より「ツーリング」のFRワゴン

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ『マークIIブリット』発表】「走り」より「ツーリング」のFRワゴン
  • 【トヨタ『マークIIブリット』発表】「走り」より「ツーリング」のFRワゴン
  • 【トヨタ『マークIIブリット』発表】「走り」より「ツーリング」のFRワゴン
  • 【トヨタ『マークIIブリット』発表】「走り」より「ツーリング」のFRワゴン
  • 【トヨタ『マークIIブリット』発表】「走り」より「ツーリング」のFRワゴン
トヨタは新型車『マークIIブリット』を25日、発表・発売した。セダンの『マークII』に対応するワゴンだが、先代にあたる『マークIIクオリス』がFFだったのにたいし、FR駆動になった高級ツーリングワゴンである。

張富士夫社長はマークIIブリットを、「旅する楽しさ、ツーリングの楽しさを味わうクルマ」と説明する。自身で乗ってみて「ふけ上がるエンジンや、新開発サスペンションなどを装備し、楽しく、よく走るという印象」をもったという。

ラインナップは2WD(FR)と4WDに大別される。2WDは2.0リットル直6エンジンの「iR」、2.5リットル直6直噴の「iR-S」、2.5リットル直6ターボの「iR-V」の3グレード。4WDは2.0リットル直6の「iR Four」、2.5リットル直6の「iR-S Four」の2グレード。

2.5リットル・ターボエンジンはFRのみの設定、いっぽう2.5リットルNAは、FRが直噴、4WDが通常の燃料噴射という違いがある。トランスミッションはiR-Sが5AT、ほかは4AT。

エンジンと駆動レイアウト以外の装備については、オプション設定が異なるぐらいで、グレード間の差は小さい。さらに「iR」、「iR-S」、「iR Four」には、若干の装備を省略した“Jエディション”が設定されている。

価格は「iR“Jエディション”」の228万円から、「iR-V」の339万円まで。広告・宣伝における訴求グレードは280PSの「iR-V」だが、販売の中心は「iR-S」288万円か。月販目標は2000台。販売店はトヨペット店で店頭発表会が2月2日、3日の予定。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集