「それはないだろ」ラルフのマネージャーがウィリアムズ首脳を批判

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

「それはないだろ」ラルフのマネージャーがウィリアムズ首脳を批判
  • 「それはないだろ」ラルフのマネージャーがウィリアムズ首脳を批判
ラルフ・シューマッハのマネージャー、ウィリー・ウェーバーがウィリアムズ首脳陣の態度を批判した。ことの発端は以前チームオーナーのフランク・ウィリアムズとテクニカル・ディレクターのパトリック・ヘッドが、ラルフのテストやチームへの態度が消極的であることを批判したこと。

ウェーバーはドライバーの欠点をマスコミに話すべきではないと主張する。「ああいうイギリス的なやりかたは理解できない。何が言いたいことがあったら、ドライバーに直接話すべきだ。マスコミじゃなくてね。そういう接し方はドライバーにとってよくない」とウェーバーは語っている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集