クライスラーの新型セダン、足回りはメルセデスベンツ『Eクラス』と一緒!?

自動車 ニューモデル 新型車
クライスラーが発表する予定の後輪駆動セダン『LX』は、メルセデスベンツのアクスル(軸・足まわり)を使用するモデルだが、同時に北米で生産されるメルセデスベンツ製のアクスルを使用する初めてのクルマとなる。

クライスラーがメルセデスベンツの部品を自社モデルに流用して生産開始するのは2003年。クライスラー『LX』はアクセルの他にもステアリングコラムなども次期メルセデスベンツ『Eクラス』のものを流用する予定だという。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集