トヨタ、ついに欧州で独自開発ディーゼル

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車は16日、欧州市場向けのモデルに搭載するディーゼルエンジンについて欧州メーカーからの調達を取りやめ、独自開発エンジンを順次搭載していくことを明らかにした。

同社の欧州事業は為替変動の影響で00年度は230億円の営業赤字。業績好調なトヨタだが欧州事業がネックになってきた。フランスで『ヤリス』(日本名『ヴィッツ』)の生産を立ち上げたこともあり今後は現地生産化や現地調達率を高め03年の黒字化を目指す。

このなかでキーとなるのはディーゼル車の販売。欧州では乗用車でもディーゼル車の販売比率が全体市場の半分程度あり日本などに比べ比率が高い。このため日本メーカーが欧州でシェアを伸ばすにはディーゼルをいかに強化していくかが鍵となる。

トヨタは今秋の投入を計画している新型『カローラ』ではプジョーからのディーゼルエンジンの調達を取りやめ独自開発したエンジンを搭載する。その後も順次グループ会社を含め独自開発したディーゼルエンジンを順次各モデルの搭載し競争力を高めていく方針だ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集