日産 先進技術説明試乗会に関するニュースまとめ一覧

日産の新型電動SUV『アリア』の2モーター・4輪制御を先行体験!FWDへの搭載も期待 画像
試乗記

日産の新型電動SUV『アリア』の2モーター・4輪制御を先行体験!FWDへの搭載も期待

◆電動SUV『アリア』の2モーター・4輪制御技術を先行体験 ◆加速、ライントレース性は見事 ◆FWDへの搭載も期待

【日産 先進技術 発表】2013年投入予定の「ステアリング・バイ・ワイヤ車」試乗…井元康一郎 画像
自動車 ビジネス

【日産 先進技術 発表】2013年投入予定の「ステアリング・バイ・ワイヤ車」試乗…井元康一郎

日産自動車が2013年に市販車への採用を予定しているステアリング・バイ・ワイヤは、前輪の向きを機械伝達ではなく、ハンドル操作の角度やスピードをセンサーで読み取り、電気モーターで行うシステムだ。

【日産 先進技術 発表】FF車用新ハイブリッド試乗、パワフルでスムーズだが要熟成…井元康一郎 画像
試乗記

【日産 先進技術 発表】FF車用新ハイブリッド試乗、パワフルでスムーズだが要熟成…井元康一郎

ハイブリッドカーのラインナップ拡充を目指す日産自動車。直4+モーターという新開発のハイブリッドパワートレインが実装された試作車に試乗した。

【日産 先進技術 発表】FF車用新ハイブリッドはミドルクラス以上限定か 画像
エコカー

【日産 先進技術 発表】FF車用新ハイブリッドはミドルクラス以上限定か

トヨタ自動車、ホンダに対してハイブリッドカー開発で出遅れていた日産自動車。現時点のラインナップは高級セダン『シーマ』『フーガハイブリッド』のみだが、2013年以降、ハイブリッドパワートレインを複数車種に逐次投入することで巻き返しを図る構えだ。

【日産 先進技術 発表】山下副社長「運転する楽しみが広がる」 画像
自動車 テクノロジー

【日産 先進技術 発表】山下副社長「運転する楽しみが広がる」

日産自動車の2012先進技術説明会では、バイワイヤ操舵システムやアクティブ・エンジン・ブレーキ、緊急操舵回避支援システムなど、より安全で快適な運転を支援する技術が数多く公開された。

【日産 先進技術 発表】疲労を30%軽減するシート…2013年から順次採用 画像
自動車 ビジネス

【日産 先進技術 発表】疲労を30%軽減するシート…2013年から順次採用

日産自動車は10月17日、長時間乗車した時の疲労度を30%軽減する効果がある後部座席を開発し、2013年から順次、日産ブランドの乗用車全車に採用することを明らかにした。

【日産 先進技術 発表】常にありがたみを感じるアクティブ・エンジン・ブレーキ 画像
自動車 テクノロジー

【日産 先進技術 発表】常にありがたみを感じるアクティブ・エンジン・ブレーキ

日産自動車は10月17日、減速が必要な時やカーブ進入時にエンジンブレーキを自動制御することでドライビングをアシストしてくれる「アクティブ・エンジン・ブレーキ」と名付けたシステムの技術を公開した。

【日産 先進技術 発表】バイワイヤの操舵装置を1年内に実用化 画像
自動車 テクノロジー

【日産 先進技術 発表】バイワイヤの操舵装置を1年内に実用化

日産自動車は次世代のステアリング技術として、ハンドルの動きを電気信号に置き換えてタイヤを操舵する「バイワイヤ」でのシステムを開発した。1年内にインフィニティのモデルに搭載する計画だ。

【日産 先進技術 発表】運転が上達したようなアクティブ・エンジン・ブレーキ 画像
自動車 テクノロジー

【日産 先進技術 発表】運転が上達したようなアクティブ・エンジン・ブレーキ

走行の快適さを追求する技術のひとつとして、クルマの減速や制動をエンジンブレーキによって自動的アシストする「アクティブ・エンジン・ブレーキ」が公開された。1年以内の実用化を計画している。

【日産 先進技術 発表】緊急操舵回避支援システムを公開 画像
自動車 テクノロジー

【日産 先進技術 発表】緊急操舵回避支援システムを公開

日産自動車は、次世代安全技術として、将来の実用化を目指した「緊急操舵回避支援システム」の搭載車を、報道陣に助手席試乗で公開した。衝突の回避を、すでに実用化されているブレーキではなく、ハンドルの自動操作で行うものだ。

【池原照雄の単眼複眼】日産、「廉価」で普及狙う安全システム 画像
自動車 テクノロジー

【池原照雄の単眼複眼】日産、「廉価」で普及狙う安全システム

日産自動車が普及に重点を置いた廉価な安全システムの開発を強化している。車載カメラや超音波ソナーでドライバーの誤認や運転席からの死角をカバーし、事故を減らそうというもので、このほど報道陣に公開した。

日産 新世代CVT…リニアな加速、80km/h巡航で1200rpm[動画] 画像
自動車 ニューモデル

日産 新世代CVT…リニアな加速、80km/h巡航で1200rpm[動画]

日産自動車が13日に発表したFWD(前輪駆動)用新型変速機「新世代エクストロニックCVT」。北米仕様『アルティマ』3.5リットルV6のCVTをチェーンドライブ方式の2.5~3.5リットル用エクストロニックCVTに換装したテスト車両に試乗した。

日産 新世代CVT、効率・性能は「有段ATと同等以上」[動画] 画像
自動車 ニューモデル

日産 新世代CVT、効率・性能は「有段ATと同等以上」[動画]

日産自動車は13日、燃費性能や加速性能を高めたFWD(前輪駆動)用新型変速機「新世代エクストロニックCVT」2機種を発表した。

日産、リヤカメラ1台で死角検知などの安全技術[動画] 画像
自動車 テクノロジー

日産、リヤカメラ1台で死角検知などの安全技術[動画]

日産自動車は12日、車載のリヤカメラ1台で死角位置にいる車両の検知などを行う「マルチセンシングシステム」を開発したと発表した。同日、横須賀市の同社試乗施設で報道陣に公開した。

日産のアラウンドビューモニター、移動物検知機能付きに 11月より順次 画像
自動車 テクノロジー

日産のアラウンドビューモニター、移動物検知機能付きに 11月より順次

日産自動車は12日、安全技術のひとつ「次世代アラウンドビューモニター」を公開した。

日産、バックモニター用カメラに安全機能を追加…低コスト 画像
自動車 テクノロジー

日産、バックモニター用カメラに安全機能を追加…低コスト

日産自動車は12日、次世代安全技術としてリヤカメラを用いたマルチセンシングシステムを発表した。

日産、ペダル踏み間違い防止技術を2年内に実用化[動画] 画像
自動車 テクノロジー

日産、ペダル踏み間違い防止技術を2年内に実用化[動画]

日産自動車は12日、横須賀市の同社施設でペダルの踏み間違い事故を軽減するシステムなど、最新の安全技術を公開した。

日産山下副社長「技術開発の効率が非常に上がった」 画像
自動車 ビジネス

日産山下副社長「技術開発の効率が非常に上がった」

日産自動車は28日、同社の追浜工場内のグランドライブで報道陣向けの先進技術説明会を行った。その席上、開発担当の山下光彦副社長は「技術開発の効率が非常に上がってきた。2000年前半に比べると、3倍以上に上がっている」と述べた。

日産山下副社長「3リッターカー実現のエッセンス」 画像
エコカー

日産山下副社長「3リッターカー実現のエッセンス」

日産自動車は28日、同社の追浜工場内(神奈川県横須賀市)で開いた先進技術説明会で、スーパーチャージャーエンジンを搭載した欧州向けの新型『マイクラ』(日本名マーチ)を公開した。

日産志賀COO「技術の日産も復活」 画像
自動車 ビジネス

日産志賀COO「技術の日産も復活」

日産自動車の志賀俊之COOは28日、同社の追浜工場内(神奈川県横須賀市)で開いたメディア向けの先進技術説明会に出席し、「お客様から技術の日産と言っていただける新技術を多くご提供できるようになった」と挨拶した。

【日産 マーチ 新型発表】フィットHV が130万円ならばギブアップ 画像
自動車 ニューモデル

【日産 マーチ 新型発表】フィットHV が130万円ならばギブアップ

新型『マーチ』は20km/リットルの実用燃費に自信があると開発陣。ハイブリッド並みの燃費をたたき出すクルマが123万円のプライスとなるとこれは事件である。

【日産 マーチ 新型発表】実用燃費20km/リットル越えに自信あり 画像
自動車 ニューモデル

【日産 マーチ 新型発表】実用燃費20km/リットル越えに自信あり

新型『マーチ』は、新規開発のVプラットフォーム、新3気筒エンジン、新世代CVT、そしてアイドリングストップなど、あらゆる部分を刷新した。「そのすべては燃費のため」と商品企画室石塚正樹チーフ・プロダクト・スペシャリストは言う。

日産、60km/hから停止できる自動ブレーキを開発 画像
自動車 テクノロジー

日産、60km/hから停止できる自動ブレーキを開発

日産自動車は28日、追突事故の回避を支援する新技術「衝突回避支援コンセプト」を発表した。走行中に前車との距離をレーダーで認識し、ドライバーの操作が間に合わない場合は、60km/hという高い速度域から自動ブレーキを作動させ衝突を回避することが可能だ。

[写真蔵]日産のEV リーフ 初公開 画像
自動車 ニューモデル

[写真蔵]日産のEV リーフ 初公開

日産自動車は2日、新グローバル本社で2010年度後半に市販予定の電気自動車(EV)『リーフ』を初公開した。量産EVとして専用に設計・デザインされたリーフは、大人5人がゆったりと乗車可能な室内空間を実現。フル充電での航続距離は160kmだ。

日産の新型CVT…燃費性能10%アップ 画像
自動車 ニューモデル

日産の新型CVT…燃費性能10%アップ

CVT(無段変速機)を燃費向上のための重要技術に位置付けている日産自動車は7月22日、元日産系の変速機メーカー、ジャトコとの共同開発による新型CVTを発表。その新型CVTを実装したコンパクトカー『ティーダ』に試乗する機会を得た。

日産 EV…ラミネート型バッテリーを採用 画像
自動車 ニューモデル

日産 EV…ラミネート型バッテリーを採用

日産自動車は7月27日、マスコミ向けにEV(電気自動車)の試作車を公開した。EVの心臓部であるバッテリーは、日産とNECグループの合弁会社、オートモーティブエナジーサプライ(AESC)社が製造するリチウムイオン電池(LIB)だ。

【日産 先進技術試乗】「2010年投入のEVはCセグメントで」…日産執行役員 画像
自動車 ニューモデル

【日産 先進技術試乗】「2010年投入のEVはCセグメントで」…日産執行役員

8月8日、日産自動車は追浜工場内の「グランドライブ」で先進技術説明・試乗会を実施した。2010年に市販予定のEV(電気自動車)と今後の開発のについて、執行役員の坂本秀行氏に話を聞いた。

【日産 先進技術試乗】「ecoペダルは量販車にも導入したい」…日産執行役員 画像
自動車 ニューモデル

【日産 先進技術試乗】「ecoペダルは量販車にも導入したい」…日産執行役員

日産が8月に追浜工場内の「グランドライブ」で実施した先進技術説明・試乗会。各技術の開発の狙いについて、執行役員の坂本秀行氏に話を聞いた。

【日産 先進技術試乗】「専門性だけでなくユーザー側に立って開発ができる意識を」…日産 執行役員 坂本秀行氏 画像
自動車 ニューモデル

【日産 先進技術試乗】「専門性だけでなくユーザー側に立って開発ができる意識を」…日産 執行役員 坂本秀行氏

EVは自動車メーカーのみならず国内外の電子機器メーカーも虎視眈々と狙っているマーケットでもある。電気メーカーの作るEVと自動車メーカーの作るEVとの違いは何か。その開発にあたる人材に要求される能力とは何か。日産自動車の執行役員、坂本秀行氏に話を聞く。

【日産 先進技術試乗】既存の機能や装備にも改善の取り組み 画像
自動車 ニューモデル

【日産 先進技術試乗】既存の機能や装備にも改善の取り組み

セーフティ・シールドやGPS携帯協調歩行者事故低減システムほど大がかりなシステムではないが、確実に安全性向上につながりそうな細かな技術開発や既存装備の改善も取り組まれている。例えば、筆者が注目したのが「スマート・オート・ヘッドライト」だ。

【日産 先進技術試乗】GPS携帯電話と連携し、子どもやお年寄りの事故を抑制 画像
自動車 ニューモデル

【日産 先進技術試乗】GPS携帯電話と連携し、子どもやお年寄りの事故を抑制

日産では歩行者事故の抑制において、急速に普及したGPS携帯電話との連携を模索。NTTドコモとともに、クルマから見えにくい場所で歩行者がいる場合に、GPS携帯電話から集めた情報を元にカーナビ上に注意喚起を促す「GPS携帯協調歩行者事故低減システム」の開発を行っている。

【日産 先進技術試乗】セーフティシールドを形作る「斜め後ろ」の眼 画像
自動車 ニューモデル

【日産 先進技術試乗】セーフティシールドを形作る「斜め後ろ」の眼

日産自動車は先進安全技術のコンセプトとして、「セーフティシールド」を掲げている。これはクルマの全方位をカメラやセンサーが監視し、危険な状況が近づくとドライバーに警告したり、緊急時にはコンピュータが危険回避支援や事故ダメージ軽減の走行介入を行うというもの。

【日産 先進技術試乗】「リチウムイオンバッテリーはEV・HEV時代のキーテクノロジー」…開発者に聞く 画像
自動車 ニューモデル

【日産 先進技術試乗】「リチウムイオンバッテリーはEV・HEV時代のキーテクノロジー」…開発者に聞く

8日に開催された日産の新技術説明会では、同社のバッテリーラボを報道陣に公開。自動車メーカーでありながら、電池の基礎開発をおこなっている理由を、電子・電動要素開発本部 EVエネルギー開発部の下井田良雄氏に聞いた。

【日産 先進技術試乗】ペダル側に反力を発生させて燃費を改善『ECOペダル』 画像
自動車 ニューモデル

【日産 先進技術試乗】ペダル側に反力を発生させて燃費を改善『ECOペダル』

8月8日、日産自動車が先進技術の説明会と試乗会を行った。これは同社が例年行っているイベントで、「未来のクルマ」を形作るテクノロジーの数々をプレス向けに体験してもらうというものだ。本イベントで体験した日産の先進技術をレポートする。

2010年発売の日産EV「静かで透明感のある走りはとても知的で好ましい」 画像
自動車 ニューモデル

2010年発売の日産EV「静かで透明感のある走りはとても知的で好ましい」

原油高によるガソリン価格高騰や、消費者の環境意識の高まりにより、クルマの次世代パワートレインに注目が集まっている。特にここ1年のガソリン急騰で存在感が増しているのが、電気自動車(EV)とハイブリッドカーである。

市販決定日産パラレルハイブリッド「グイグイと押し出すようなトルクを生み出す」 画像
自動車 ニューモデル

市販決定日産パラレルハイブリッド「グイグイと押し出すようなトルクを生み出す」

今回のイベントに登場したハイブリッドカーは、日産独自の2つのクラッチでモーター・エンジン・トランスミッションを繋ぐ「パラレルハイブリッドシステム」の搭載車だ。

    1 2 > 次
Page 1 of 2