2014年1月のマツダ アクセラニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

2014年1月のマツダ アクセラに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
マツダ マツダ ファミリア マツダ SKYACTIV
マツダ アクセラ、ガソリン車にも6MT搭載モデルを追加設定 画像
自動車 ニューモデル

マツダ アクセラ、ガソリン車にも6MT搭載モデルを追加設定

マツダは、新型『アクセラ』の「SKYACTIV-G 2.0」搭載車に高効率6速マニュアルトランスミッション「SKYACTIV-MT」を設定、1月30日より予約販売を開始すると発表した。

【マツダ アクセラ セダン 試乗】走りは十分、1.5は装備の選択肢がもっとあってもいい…松下宏 画像
試乗記

【マツダ アクセラ セダン 試乗】走りは十分、1.5は装備の選択肢がもっとあってもいい…松下宏

新型『アクセラ』には5ドアのスポーツとセダンの2種類のボディがあり、ボディによって搭載されるパワートレーンに違いがある。全部合わせればガソリン、ディーゼル、ハイブリッドと3種類がそろう唯一の国産車だ(輸入車では数車種存在する)。

【マツダ アクセラ スポーツ 試乗】それぞれに魅力的、“これぞアクセラ”は…松下宏 画像
試乗記

【マツダ アクセラ スポーツ 試乗】それぞれに魅力的、“これぞアクセラ”は…松下宏

マツダ『アクセラスポーツ』には3機種のエンジンが搭載されている。ハイブリッドだけは選択できないが、パワーユニットのバリエーションはスポーツが最も豊富である。

オートエクゼ、マツダ アクセラ用ローダウンスプリングなどを発売 画像
自動車 ビジネス

オートエクゼ、マツダ アクセラ用ローダウンスプリングなどを発売

オートエクゼは、マツダ 新型『アクセラ』用ローダウンスプリング、プレミアテールマフラーなどを新設定し、マツダ販売会社、カー用品店などで発売する。

【マツダ アクセラ ハイブリッド 試乗】良くまとまっているが静粛性に物足りなさも…松下宏 画像
試乗記

【マツダ アクセラ ハイブリッド 試乗】良くまとまっているが静粛性に物足りなさも…松下宏

マツダはこれまでの電気系技術である「i-stop」や「i-ELOOP」だけでは電動化の時代を乗り切れないと考え、アクセラに初めてハイブリッド車を設定した。ハイブリッドシステムそのものはトヨタの「THS-II」の技術供与を受けたものだが、なかなか良い仕上がりを見せていた。

2013年のマツダ欧州販売、18%増の15万台…CX-5 は92%の大幅増 画像
自動車 ビジネス

2013年のマツダ欧州販売、18%増の15万台…CX-5 は92%の大幅増

マツダの欧州法人、マツダモーターヨーロッパは1月17日、2013年の欧州新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は14万7307台。前年比は17.9%増と、欧州市場全体が1.8%減と落ち込む中、2桁の伸びを達成した。

【マツダ アクセラ 試乗】高付加価値戦略がくみとれる内外装の質感…井元康一郎 画像
自動車 ニューモデル

【マツダ アクセラ 試乗】高付加価値戦略がくみとれる内外装の質感…井元康一郎

マツダが昨年11月に投入したコンパクトクラスの世界戦略モデル、新型『アクセラ』に試乗する機会を得た。まず発表会場ではわからなかった内外装の質感を屋外、公道で詳細にチェックしてみた。

【東京オートサロン14】マツダ アクセラ スポーツ デザインコンセプト…ディーゼルホットハッチ[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

【東京オートサロン14】マツダ アクセラ スポーツ デザインコンセプト…ディーゼルホットハッチ[詳細画像]

幕張メッセで1月10日から3日間開かれた「東京オートサロン2014」。国産車、輸入車問わずド派手なカスタムカー840台が展示され、過去最高の29万6714人が来場するなど、例年にも増して盛り上がりを見せた。

【CES14】マツダが仕様公開するアプリプラットフォーム「OpenCar Connect」とは 画像
自動車 テクノロジー

【CES14】マツダが仕様公開するアプリプラットフォーム「OpenCar Connect」とは

北米でも新型『MAZDA3』(日本名『アクセラ』)がリリースされ、新世代カーコネクティビティ・システム「Mazda Connect」も本格スタート。それに伴って注目されているのが、クルマ向けアプリの開発を促すアプリプラットフォーム『OpenCar Connect』と呼ばれる開発ツールだ。

【マツダ アクセラ 新型】人馬一体のドライビングプレジャーをユーザーに提供したい 画像
自動車 ニューモデル

【マツダ アクセラ 新型】人馬一体のドライビングプレジャーをユーザーに提供したい

マツダ『アクセラ』の運転フィールや乗り心地は、ドライバーが違和感を覚えることのない“人馬一体”が開発のコアな部分になっている。

【マツダ アクセラ 新型】どのエンジンタイプでも、“人馬一体”追求 画像
自動車 ニューモデル

【マツダ アクセラ 新型】どのエンジンタイプでも、“人馬一体”追求

マツダ『アクセラ』のエンジンバリエーションは、1.5リットルと2リットルガソリンエンジン、ハイブリッド、そして、2.2リットルのディーゼルエンジンがある。そのいずれのエンジンでも、同じような乗り心地を実現しているという。

【マツダ アクセラ 新型発売】乗り続けていくうちにクルマとの一体感が高まる 画像
自動車 ニューモデル

【マツダ アクセラ 新型発売】乗り続けていくうちにクルマとの一体感が高まる

マツダ『アクセラ』のドライブフィールは、ドライバーの感覚にどこまでも素直にクルマが動くというイメージを目指しているという。

【マツダ アクセラ 新型発売】全ての操作でドライバーの意思を反映させるために 画像
自動車 ニューモデル

【マツダ アクセラ 新型発売】全ての操作でドライバーの意思を反映させるために

マツダ『アクセラ』は、ドライバーが走らせた時に、自分の手足のようにクルマが動くイメージを目指して開発された。

【マツダ アクセラ 新型】走行時のフィーリングは“手のひら感”が魅力 画像
自動車 ニューモデル

【マツダ アクセラ 新型】走行時のフィーリングは“手のひら感”が魅力

マツダは、先代『アクセラ』を含め、スポーティ路線をたどって来ていると同時に、“人馬一体”という、人間の感覚になるべくニュートラルにクルマを動かそうという目標をもとに、新型アクセラも、それに則って開発された。

マツダ アクセラ 新型、消費税アップ前の納車に期限が迫る 画像
自動車 ニューモデル

マツダ アクセラ 新型、消費税アップ前の納車に期限が迫る

マツダは、新型アクセラの工場出荷目処を発表した。消費税アップ前の納車に期限が迫る。

【マツダ アクセラ ハイブリッド 試乗】車内空間に難あるも、走りへのこだわりは十分…岩貞るみこ 画像
試乗記

【マツダ アクセラ ハイブリッド 試乗】車内空間に難あるも、走りへのこだわりは十分…岩貞るみこ

最初にネガティブを吐き出しておこう。まず、後部座席が狭い。セダンというからには、後ろに人を乗せるはずなのに、座面のちゃちさはなんなんだ。

【マツダ アクセラ スポーツ 15S 試乗】色気と美しさの裏側に、操る楽しさ…岩貞るみこ 画像
試乗記

【マツダ アクセラ スポーツ 15S 試乗】色気と美しさの裏側に、操る楽しさ…岩貞るみこ

マツダのデザインは、波にのっている。国産車が苦手な色気の出し方がすごくうまい。昼間見るときはもちろんだが、夜、都市の灯りのなかにたたずみながら自らも発光している姿は、思わず目をとめてしまう。

    Page 1 of 1