実施から再開まで情報提供のタイムラインを事前に作成…国交省が計画運休のあり方を最終とりまとめ 1枚目の写真(全1枚)
《撮影 佐藤正樹》計画運休のあり方については、運休情報の提供を駅頭の掲示などさまざまな手段で迅速かつ的確に行なうこととされた。写真は2018年9月に発生した北海道胆振東部地震の際、小樽駅前でJR北海道社員が案内に努めていた様子。

編集部おすすめのニュース

  • 九州南部の鉄道、運行見合せが拡大…九州新幹線や鹿児島市電も一部ストップ 6月30日以来の大雨 画像 九州南部の鉄道、運行見合せが拡大…九州新幹線や鹿児島市電も一部ストップ 6月30日以来の大雨
  • JR北海道では12区間で再開の目途が立たず…節電による運休・減便も 平成30年北海道胆振東部地震 画像 JR北海道では12区間で再開の目途が立たず…節電による運休・減便も 平成30年北海道胆振東部地震
  • JR西日本の9線区が復旧まで1か月以上…JRで特急の長期運休も 平成30年7月豪雨 画像 JR西日本の9線区が復旧まで1か月以上…JRで特急の長期運休も 平成30年7月豪雨