帝人、欧州で自動車向け複合成形材料の一貫供給体制を確立

SMC製造
  • SMC製造
  • テイジン・オートモーティブ・テクノロジーズのフランス拠点

帝人グループで自動車向け複合成形材料事業を展開する米国テイジン・オートモーティブ・テクノロジーズ(TAT)は、フランスの拠点にて、生産性、外観性、寸法・品質安定性に優れるSMC製造設備による商業生産を開始した。

SMCとは、ガラス繊維や炭素繊維などの強化繊維に熱硬化性樹脂を含浸させ、シート状にした成形材料向けの中間基材。TATは、自動車向けのコンポジット部品の北米最大のサプライヤーとしての地位を確立しており、主にガラス繊維を用いた自社開発のSMCを製造している。

今回、フランスでの商業生産を開始したことで、ポルトガルやチェコの成形拠点とともに欧州におけるバリューチェーンを確立。これにより自動車産業の主要市場の1つである欧州の域内にて、北米と同様に材料から成形までの一貫生産体制を実現したことになる。今後、TATは、開発中の低VOC(低揮発性有機化合物)などを使用した製法も加え、優位性の高いコンポジット製品を拡大展開することにより、欧州の自動車メーカーのニーズに対応していく。

帝人グループは今後、自動車業界が求める軽量・安全で、エネルギー効率や耐久性に優れる部品をグローバルに提供できるリーディングカンパニーとして、さらに確固たる地位を確立していく。また、バリューチェーン全体のライフサイクルにおける、CO2排出量削減に向けた技術開発や様々な取り組みにも注力し、2030年頃には、自動車向け複合成形材料事業の売上を20億米ドル(約2300億円)規模へと拡大していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース