トヨタの電動3輪車『C+ walk T』、電装ユニットの開発・製造は東北パイオニア

トヨタの立ち乗りEV、シーウォークティー(C+ walk T)
  • トヨタの立ち乗りEV、シーウォークティー(C+ walk T)
  • ハンドル周り(オプション装着車)
  • ディスプレイパネル
  • 周辺検知センサー部(オプション装着車)

東北パイオニアは、トヨタ自動車が開発した立ち乗り電動3輪車(3輪BEV)『C+walk T』に搭載される電装ユニットの開発・製造を受託したと発表した。

C+walk Tは、数年後の社会を見据えてトヨタが開発した、歩行をアシストする小型BEV。大型商業施設や空港をはじめ、日常生活のさまざまなシーンでの活用が想定されている。

今回、東北パイオニアがこれまで車載向け製品の量産経験で培ってきた設計力・生産技術力が評価され、C+walk Tに搭載される電装ユニットの開発・製造を受託。HMIユニット、センサーユニット、LEDユニットの開発および国内・海外工場での製造を行っている。

今後も同社は、設計・製造受託(ODM/EMS)を行う「ものづくりソリューション事業」を拡充し、さまざまな分野・企業の製品開発・製造をサポートすることで、社会に貢献していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース