タクシー運賃を事前に確定、地図上の距離で算定…実証実験 開始

国土交通省は5月21日、現行のタクシー事前確定運賃を改良した「事前確定運賃用ソフトメーター」の実証実験を5月24日から開始すると発表した。

「事前確定運賃」はタクシー配車アプリを活用して、タクシー乗車る前に運賃が確定することで、「渋滞や回り道によって運賃が高くなるかもしれない」「到着するまでメーターが気になる」というタクシー運賃に関する不安がなくなり、タクシーを利用しやすくする取り組みとして2019年10月28日からサービスがスタートした。

今回の事前確定運賃用ソフトメーターの実証実験は、現行の事前確定運賃を改良、現行のタクシーメーターを使用せず、地図上で計測した距離に基づいて運賃を算定する事前確定運賃用ソフトメーターを使って運送するもの。実証実験を通じて、タクシー事業者の負担軽減や旅客の利便性向上効果を検証する。

実証実験は6月30日まで、東京都特別区、武蔵野市、三鷹市で実施する予定で、日本交通グループ、荏原交通グループ、小田急交通、平和交通羽田が参加する。モビリティテクノロジーズのタクシー配車アプリ「GO」を活用する。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース