いすゞと米カミンズが協業…中型ディーゼルエンジンおよび先行技術分野

いすゞ自動車と米カミンズ社は2月5日、中型ディーゼル・パワートレイン事業におけるグローバル規模での協業、および先進先行技術分野での共同研究の推進について合意したと発表した。

今回の協業は、パワートレイン事業に関する包括的なパートナーシップを構築することを目指し、2019年5月に締結した「いすゞ カミンズ パワートレイン パートナーシップ(ICPP)」契約に基づくもの。

カミンズはいすゞに対し、カミンズのグローバル主力製品であるB6.7型ディーゼルエンジン(6気筒/排気量6.7リットル)を供給し、いすゞは中型トラック用としてこれを活用していくこととなる。両社共同で、いすゞ車両搭載に伴う設計変更や、日本の排ガス規制への対応に取り組んでいく。本エンジン搭載車両は、2021年北米市場を皮切りに、その後、日本、東南アジア、その他地域へ順次グローバルに展開。本協業を通じて、両社はディーゼルエンジンおよび最新技術へのリソースを最適化し、世界の顧客ニーズに応えていく。

なお、日本国内にて組み立てる車両へ搭載するエンジンは、いすゞ栃木工場で生産する予定だ。

いすゞとカミンズは、パワートレインに関わる先進先行技術の研究領域において、先進先行技術契約を締結し、様々なパワートレイン技術の共同研究を進めている。両社の技術力・ノウハウを共有することで、より環境にやさしい次世代ディーゼルエンジンの開発を推進。さらに両社は、カーボンニュートラルの実現を目指し、電動化を含む、多様な次世代パワートレイン技術における協業検討にも着手した。

両社は、環境性能、品質、効率、信頼性を高めた商用車向け次世代パワーソースの実現に向けた技術革新に取り組むとともに、双方の製品および技術の活用を行うことで、互いの強みを活かしたグローバルな事業成長に向け、さらなる協業領域の拡大を検討していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース