日産自動車、最終赤字は3300億円 2020年4-9月期決算

日産自動車、2020年度上期決算を発表
  • 日産自動車、2020年度上期決算を発表
  • 日産自動車の内田誠社長兼CEO
  • 日産自動車:2020年度上期主要財務指標
  • 日産自動車:2020年度販売台数見通し
  • 日産自動車:2020年度業績見通し

日産自動車は11月12日、2020年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。最終赤字は第1四半期の2856億円から3300億円に拡大した。

第2四半期(6~9月)の売上高は1兆9185億円、連結営業損失は48億円、当期純損失は444億円。第1四半期3か月(4~6月)と比較すると、販売台数の回復に加え、固定費削減等の財務基盤強化に向けた取り組みの進捗により、営業損失は大幅に改善した。

これにより第2四半期累計(4~9月)の売上高は前年同期比38.2%減の3兆0927億円、営業損失は1588億円(前年同期は316億円の利益)、当期純損失は3300億円(同653億円の利益)となった。

2020年度の販売台数は416万5000台(前回予想比+4万台)と見込む。通期業績見通しについては、原材料価格の上昇による減益要因はあるものの、販売費用および販売金融・モノづくり・固定費等の改善により上方修正。売上高7兆9400億円(同+1400億円)、営業損失3400億円(同+1300億円)、純損失6150億円(同+550億円)とした。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース