新阿蘇大橋、2021年3月開通へカウントダウン

新阿蘇大橋活性化協議会は、2021年3月の新阿蘇大橋開通に向けた観光誘客事業「新阿蘇大橋 開通カウントダウンキャンペーン」を開始する。

南阿蘇村と高森町を含む南阿蘇地域は、県内でも有数の観光地として多くの観光客で賑わっていたが、熊本地震による阿蘇大橋の崩落、南阿蘇鉄道の寸断、観光施設の倒壊など、観光面で大きな被害を受けた。阿蘇の入口に位置する大津町も、間接的に苦戦を強いられる状況が続いてきた。

しかし、2020年8月にはJR豊肥本線が全線開通、10月には国道57号線も開通。2021年3月には新阿蘇大橋が開通する予定であり、阿蘇の復興を県内外や海外にも広くアピールする大きなチャンスでもある。また現在、新型コロナの影響で遠方への旅行が減少し、県内近郊をめぐるマイクロツーリズムが活発化。大津町・南阿蘇村・高森町のラインは密を避けてドライブが楽しめる新たなゴールデンルートになってきている。

そうした現状を踏まえて、新阿蘇大橋を取り巻く地域住民・観光客の利用促進や賑わい創出のため沿線自治体である大津町、南阿蘇村、高森町の3町村で連携して「新阿蘇大橋活性化協議会」を設立。2020年度は「新阿蘇大橋 開通カウントダウンキャンペーン」と題して、新型コロナ対策と新阿蘇大橋開通への機運醸成を同時に行っていく企画を進めていく。

同協議会ではキャンペーン第1弾として「冬のおでかけスタンプラリー」を11月7日より開始する。スタンプラリーでは、3町村の観光施設など12か所にスタンプスポットを設置。長期間での阿蘇への滞在の機会を増やすとともに、三密を回避しつつ、混み合うことなく3町村の各地域資源を体感してもらう。さらに抽選で賞品をプレゼントするほか、祝日の三密を避けたスタンプラリーとして、平日特典ノベルティを先着3000名に配布する。

新阿蘇大橋 開通カウントダウンキャンペーンでは今後、11月上旬より新阿蘇大橋カウントダウン看板を道の駅大津など3か所に設置。11月中旬からは熊本弁で新しい生活様式を紹介するポスターを域内で掲示するとともに、LINEスタンプを販売する。さらに飲食店・宿泊施設にてオリジナルマスクケース(30万部)を配布。毎月抽選で60名に特産品が当たるキャンペーンも実施する。2021年1月上旬からは3町村のスポットをすごろくの盤面に見立てて巡る「新春リアルすごろく」を開催。新阿蘇大橋開通に向け、3町村連携による観光誘客を進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース