スズキ生産拠点最速の累計生産100万台達成、インド・グジャラート工場

100万台目となった「バレーノ」
  • 100万台目となった「バレーノ」

スズキは、インドの四輪生産子会社スズキ・モーター・グジャラート社(SMG社)が10月21日に累計生産100万台を達成したと発表した。

2017年2月の生産開始から3年9か月での累計100万台の達成は、スズキの生産拠点としては最速となる。

SMG社は2017年2月に『バレーノ』の生産を開始し、2018年1月より『スイフト』の生産、3月には輸出向けの生産を開始。2019年1月には拡大するインド国内外の需要に対応するため2つ目の工場となるB工場とパワートレイン工場が稼働した。

2019年度のインドにおけるスズキ四輪車の販売台数は約144万台(前年比82%)、生産台数は約158万台(同85%)で、そのうちSMG社は25%にあたる約41万台(同141%)を生産。今後も新型コロナウイルス感染症の拡大防止策を徹底し、安全を確保しながら生産活動を行い、顧客ニーズに対応していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 日産、新型小型SUV『マグナイト』発表…2021年初頭にインドで発売、他地域に展開も 画像 日産、新型小型SUV『マグナイト』発表…2021年初頭にインドで発売、他地域に展開も
  • トヨタ『アーバンクルーザー』、スズキからの現地OEM第2弾…インドで出荷開始 画像 トヨタ『アーバンクルーザー』、スズキからの現地OEM第2弾…インドで出荷開始
  • スズキ アルト、インド発売20周年---16年間連続で最量販モデルに 画像 スズキ アルト、インド発売20周年---16年間連続で最量販モデルに
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース