住居もクルマもシェア、エニカが集合住宅の遊休資産活用へ 新たな取り組み

カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は、シェアハウス「アオイエ」に「エニカ オフィシャル シェアカー」を設置。集合住宅の遊休資産となっている駐車場を有効活用し、「シェアハウス」×「カーシェア」という新しいライフスタイルの提案を本格的に開始する。

今回、シェアハウス「アオイエ」に設置するクルマは、DeNA SOMPOモビリティが所有するエニカ オフィシャル シェアカー。通常の個人間カーシェアと異なり、カーシェア受け渡し用の機器が取り付けられているため、無人受け渡し可能なレンタカーとして、1時間から利用できる。

これまでシェアハウスでは、入居者の誰かがクルマを保有しないと、近場でのクルマ利用が難しいという現状があった。その入居者が転居してしまえば、クルマを継続的に利用することが難しく、シェアハウスの駐車場は遊休資産となるケースも多い。今回の取り組みでは、DeNA SOMPOモビリティがシェアハウスのオーナーと駐車場の契約をすることでクルマの設置が可能。遊休資産として眠っている駐車場を有効活用できる。エニカ オフィシャル シェアカーは入居者だけではなく、地域住民も利用可能。さらに入居者には特典として限定クーポンを用意。エニカ オフィシャル シェアカーを導入することで、入居者の利便性を高め、入居率の向上や満足度向上に繋げることが期待される。

エニカでは、今回の取り組みをきっかけに、東京23区を中心に連携可能なシェアハウスなど、集合住宅でのエニカ オフィシャル シェアカーの導入募集を行っていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース