デンソー、自動運転研究開発拠点を羽田イノベーションシティに開設

車両整備棟
  • 車両整備棟
  • テスト路

デンソーは7月6日、自動運転等の研究開発を行う新拠点として、今年オープンした大規模複合施設、羽田イノベーションシティに「Global R&D Tokyo, Haneda」を開設した。

デンソーは2018年4月、品川駅近辺に「Global R&D Tokyo」を開設し、自動運転を中心とした研究開発を進めてきた。今回開設したGlobal R&D Tokyo, Hanedaには、自動運転の企画・開発を行うオフィスに加え、試作品の車両への搭載等を行う車両整備棟と、実車評価用のテスト路を備える。東京エリアにて、研究開発から実車実証までを一貫して進められる体制を構築し、今後の開発を加速させていく。

羽田エリアは、国家戦略特区として自動運転などの公道実証を行うことができる環境整備が進められている。また、周辺には大田区のモノづくり企業が多数集結。デンソーは今後、特区制度の活用や大田区周辺のものづくり企業との連携も推進していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 羽田空港に自動運転車椅子など導入 ソーシャルディスタンス確保 画像 羽田空港に自動運転車椅子など導入 ソーシャルディスタンス確保
  • 羽田空港周辺地域で自動運転実証実験のインフラ整備が完了 画像 羽田空港周辺地域で自動運転実証実験のインフラ整備が完了
  • 自動運転に向けたインフラを整備 国土交通技術行政の方向性まとめ 画像 自動運転に向けたインフラを整備 国土交通技術行政の方向性まとめ
  • ボルボカーズの自動運転ソフト開発部門、新体制発足…高速道路での完全自動運転実現へ 画像 ボルボカーズの自動運転ソフト開発部門、新体制発足…高速道路での完全自動運転実現へ

特集

おすすめのニュース