三菱ふそう、マテリアルラボで消毒液を製造 医療施設に配布

マテリアルラボで消毒液を製造
  • マテリアルラボで消毒液を製造
  • マテリアルラボで消毒液を製造

三菱ふそうトラック・バスは5月18日、新型コロナウイルス感染症のパンデミックに対応するコミュニティを支援すると発表した。

国内では依然として市販消毒剤が不足しているため、川崎地区の病院と市役所に合計200リットルの消毒液を寄付する。消毒液は、工場敷地内で品質マネージメント本部が管理する施設内のマテリアルラボを利用して生産する。

マテリアルラボは通常、自動車部品に用いる材料の特性を研究している。施設は2017年12月に開設し、最高水準の測定精度を可能にする最先端の機材が揃っており、ラボを利用して安全にエタノール、グリセリンと精製水を結合させ消毒液を生産する。

また、子会社である三菱ふそうトラック・ヨーロッパはフェイスプロテクターの生産と寄付を通してポルトガル・トラマガルの医療従事者を支えている。フェイスプロテクターはヘッドバンドに接続された交換可能なポリエチレン製のシールドで、3Dプリンター装置を利用して生産する。これまでに数百個をトラマガル地区の医療機関に提供した。

このほか、ダイムラー・トラック・アジアとして協業するダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズがインド国内の政府行政機関や慈善団体に医療機器の提供、ふそう製品のケニアの総代理店シンバ・コーポレーションは投資部門であるシンバ財団を通じて、200家族に食料やせっけんを配布するなど、グループで新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ取り組みを実施している。

ハートムット・シック三菱ふそうトラック・バス社長兼ダイムラー・トラック・アジア代表は「新型コロナウイルスの社会的影響を抑えるために引き続き自分たちの役割を果たしていきたい」とコメントしている。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース