豊田合成、新型コロナウイルスのPCR検査車両を東京都医師会に提供

PCR検査車両
  • PCR検査車両

豊田合成は、トヨタ自動車およびトヨタグループ各社と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断や治療にあたる医療現場を支援する取り組み「ココロハコブプロジェクト」の一つとして、5月7日にPCR検査車両(1台)を東京都医師会に提供した。

検査車両は、現在新型コロナウイルスの医療現場最前線での検査課題解決に貢献していきたいとの想いから、日頃同社が「電気で動く次世代ゴムe-Rubber」の医療デバイス等を共同で開発しているネットワークを活かして提案・実現に至った。

PCR検査車両は必要な場所へ簡単に移動でき、隔壁越しに検体を採取することで、医療従事者の感染防御に貢献する。なお、車両の改造は特装車事業でノウハウをもつトヨタカスタマイジング&ディベロップメントの協力を得て実施。検査車両は、感染軽症者の施設となる都内ホテルの近隣に配置して活用される予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース