VW乗用車ブランド、営業利益は47%減 2020年第1四半期決算

VWティグアン
  • VWティグアン
  • フォルクスワーゲン Tクロス
  • フォルクスワーゲン e-up!改良新型

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)の主力ブランド、フォルクスワーゲン乗用車は4月30日、2020年第1四半期(1~3月)の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は189億6500万ユーロ(約2兆2568億円)。前年同期の215億3800万ユーロに対して、11.9%減とマイナスに転じた。

また、第1四半期の営業利益は、4億8100万ユーロ(約572億円)。前年同期の9億2100万ユーロに対して、47.7%減と後退している。

第1四半期(1~3月)のフォルクスワーゲン乗用車ブランドの世界新車販売台数は109万1500台。前年同期比は25.1%減と2年連続のマイナスだった。

第1四半期の市場別販売は、最大市場の中国(香港を含む)が、前年同期比35.2%減の45万5800台と減少傾向にある。中国以外のアジア太平洋地域も、20.9%減の2万9800台にとどまった。

また北米は、前年同期比11.2%減の11万7300台と、引き続き前年割れ。主力市場の西欧は、前年同期比22.5%減の29万7300台と落ち込んでいる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース