マツダが国内工場を一時休止、グローバルで生産調整…新型コロナウイルス問題

マツダは24日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響に伴う部品調達問題、主に海外市場の販売の急激な停滞、今後の市場環境の不透明性を考慮し、日本国内を含む各国の工場において生産調整を実施する、と発表した。

本社工場(広島県府中町、広島市南区)および防府工場(山口県防府市)では、3月28日から4月30日までの間、13日間の操業を休止し、さらに8日間は昼勤のみ稼働とする。

このうち一部については、2021年3月期第2四半期以降に操業を振り替える予定だ。また、この期間における間接業務は従来通り継続する。

海外工場については、メキシコの生産拠点「Mazda de Mexico Vehicle Operation」は、3月25日から約10日間、タイの生産拠点「Auto Alliance (Thailand) Co., Ltd.」は、3月30日から約10日間、それぞれ操業を休止する計画だ。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • 事業者への支援情報を検索できるサービス 新型コロナウイルス対策 画像 事業者への支援情報を検索できるサービス 新型コロナウイルス対策
  • 新型コロナ影響、トヨタ国内工場一時停止の衝撃…派遣切り、雇い止めの危惧も[新聞ウォッチ] 画像 新型コロナ影響、トヨタ国内工場一時停止の衝撃…派遣切り、雇い止めの危惧も[新聞ウォッチ]
  • スズキ、インド2工場の生産を一時停止…新型コロナウイルス 画像 スズキ、インド2工場の生産を一時停止…新型コロナウイルス
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース