データシステム「アクセル見守り隊」など、サポカー補助金2万円の対象に

ペダルの見張り番II(左)とアクセル見守り隊
  • ペダルの見張り番II(左)とアクセル見守り隊
  • ウインカー連動キャンセルアダプター

データシステムが開発した急発進抑制装置「アクセル見守り隊」および「ペダルの見張り番II」が、サポカー補助金制度の対象製品となった。

経済産業省と国土交通省は、高齢運転者が衝突被害軽減ブレーキなどの安全運転サポート車を購入するのを補助する「サポカー補助金」を3月9日にスタートした。今回、データシステムの「アクセル見守り隊」および「ペダルの見張り番II(オートバックス専売モデル)」が補助金支給対象となり、認定取り付け店で補助金2万円(税別)を差し引いた費用で製品を購入・装着できる。補助条件は今年度中に満65歳以上となる人。

アクセル見守り隊は、年々増加するアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を未然に防ぐセーフティーアイテム。アクセル信号を常時モニターし、停車中または徐行中(10km/h以下での前進・後退)にアクセルペダルが急激に踏み込まれた際、アクセル信号を制御(アイドリング状態に)し、急発進を防止する。同時に本体から警告音を発し、踏み間違えたことを音でドライバーに伝える。価格(税別)は2万8000円。

ペダルの見張り番IIは、アクセル、ブレーキ、車速といった信号を監視してアクセルを制御し、未然に事故を回避するセーフティアイテム。たとえば、発進しようとして(停止時または10km/h以下)ブレーキと間違えてにアクセルペダルを強く踏み込んでしまったときも、警告音とともにアクセルを制御して急発進を防止する。価格(税別)は4万4000円。

このほかデータシステムでは、両製品共通のオプションとして、左右のウインカー作動時は一時的に抑制機能をキャンセルできる「ウインカー連動キャンセルアダプター」も用意。交差点での右折時や駐車場からの右左折発進、徐行での本線合流時など、急な踏み込みが想定されるシーンもスムーズに走行できる。価格(税別)は4000円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース