トヨタ紡織、諸経費増加や詐欺被害で営業益12.7%減 2019年4-12月期決算

トヨタ紡織は1月31日、2019年4~12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表。生産台数増加で増収となったものの、諸経費増加や欧州子会社の詐欺被害などの影響で、増収減益となった。

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ紡織は1月31日、2019年4~12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表。生産台数増加で増収となったものの、諸経費増加や欧州子会社の詐欺被害などの影響で、増収減益となった。

売上高は、主に日本・北中南米地域での生産台数増加などにより、同0.7%増の1兆0581億円となった。利益については、増産効果はあったものの、製品構成の変化や将来に向けた諸経費の増加に加え、昨年9月に発覚した欧州子会社の詐欺被害なども影響し、営業利益が同12.7%減の399億円、税引前利益は同12.2%減の409億円、四半期純利益は同19.9%減の175億円となった。

今期の連結業績見通しは、直近の業績動向と為替等を勘案し、売上高を1兆4000億円(前回予想比+100億円)、営業利益を530億円(前回予想比+30億円)、税引前利益540億円(同+30億円)に上方修正。純利益250億円とした前回予想を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース