箱根のケーブルカーに25年ぶりのリニューアル車…新緑や紅葉に映えるデザイン 3月20日デビュー

3月20日にデビューするリニューアル車のイメージ。文字表記に金色の筆記体切文字を中心に配置することで優雅な雰囲気を出すとともに、編成の両端にケーブルカーの複線部をイメージしたリボン状のモチーフなどを配置することで、強羅と早雲山、鉄道とロープウェイ、人と人を「つなぐ・結ぶ」といったイメージを持たせたという。
  • 3月20日にデビューするリニューアル車のイメージ。文字表記に金色の筆記体切文字を中心に配置することで優雅な雰囲気を出すとともに、編成の両端にケーブルカーの複線部をイメージしたリボン状のモチーフなどを配置することで、強羅と早雲山、鉄道とロープウェイ、人と人を「つなぐ・結ぶ」といったイメージを持たせたという。

神奈川県箱根町の強羅駅と早雲山(そううんざん)駅を結ぶ箱根登山鉄道鋼索線(箱根登山ケーブルカー)を運営する箱根登山鉄道は1月30日、リニューアル車両の運行を3月20日から開始すると発表した。

箱根登山ケーブルカーでは、1995年に導入したスイス製のケ100・200形が2019年12月2日限りで引退。翌12月3日からは施設更新工事のため路線を運休し、リニューアル車両の導入準備が進められていた。

今回導入される車両は、引退したケ100・200形の台車を流用し、車体を新造したもので、箱根登山ケーブルカーとしては25年ぶりの車両リニューアルとなる。

車体色は、2両編成の1号車が鉄道線で運用している3000形「アレグラ号」と同じバーミリオンはこね色、2号車が箱根山から見る青空をイメージした青色が施されており、「沿線の新緑や、紅葉に映えるシンプルなデザイン」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース