ボルグワーナー、営業利益は9.5%増 2019年通期暫定決算

ボルグワーナーの最新の後付けターボ「AirWerks」
  • ボルグワーナーの最新の後付けターボ「AirWerks」
  • ボルグワーナーのEV向けトルクベクタリング・デュアルクラッチシステム
  • ボルグワーナーの統合電動ドライブモジュール「iDM」

ボルグワーナーは1月28日、2019年通期(1~12月)の決算(暫定値)を発表した。

同社の発表によると、2019年の売上高はおよそ101億6800万ドル(約1兆1078億円)。前年の105億2960万ドルに対して、3.5%の減収となった。

一方、2019年通期の営業利益は、およそ13億0300万ドル(約1420億円)。前年の11億8990万ドルに対して、9.5%の増益となっている。

ボルグワーナーは1月28日、デルファイテクノロジーズ社を買収することで合意したと発表した。同社の買収により、売上高は97億5000万ドルから100億8000万ドルの範囲になると予想している。

ボルグワーナーは、内燃機関車、ハイブリッド車、EV向けのクリーンで効率的な技術ソリューションを手がけている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース