ポルシェ カイエン 史上最強!? 0-100km/hまで3秒以下、800馬力の「クーペGT」登場か

ポルシェ カイエン GTクーペ(仮)プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン GTクーペ(仮)プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン GTクーペ(仮)プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン GTクーペ(仮)プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン GTクーペ(仮)プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン GTクーペ(仮)プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン GTクーペ(仮)プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン GTクーペ(仮)プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン GTクーペ(仮)プロトタイプ スクープ写真

ポルシェの新型クーペSUV『カイエンクーペ』に新たに設定されるとみられる最強モデルの開発車両を、カメラが捉えた。

豪雪のスカンジナビアで捉えた開発車両はほぼフルヌード状態で、『カイエン ターボ クーペ』に似たフロントエンドが見てとれるが、コーナーエアインテークのフィンが2本になっている。

リアエンドにはセンター2本出しのエキゾーストパイプが装備されているが、両サイドのエキゾーストパイプはフェイクだろう。また左側面後部のボディパネルが偽装されているようにもみえ、充電口がある可能性もありそうだ。

この高性能モデルのパワートレインは、「ターボS E-ハイブリッド」から流用される4.0リットルV型8気筒+電気モーターのプラグインハイブリッドが予想されている。S E-ハイブリッドでは最高出力679ps、最大トルク900Nmを発揮、0-100km/h加速は3.6秒だが、この高性能モデルでは800ps以上まで向上、0-100km/h加速は驚異の3秒以下のパフォーマンスが予想される。

一方、最新情報ではランボルギーニ『ウルス』に搭載されている、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを移植する可能性もあるという。

市販型では、スポーツ仕様にセッティングされたサスペンションを装備、ブレーキのアップグレード、大幅に強化されたスポーツシートなどが予想され、車名は『カイエン GT クーペ』あるいは『カイエンターボ GT クーペ』などが有力だという。

ワールドプレミアは2020年内と思われ、価格は20万ドル(約2100万円)以上となる可能性もありそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース