トレーラーをけん引する農耕トラクタ、公道走行が可能に 国交大臣指定

国土交通省は12月25日、トレーラタイプの農作業機をけん引した農耕トラクタが公道走行できるように規制緩和したと発表した。

農業の生産性の向上の観点から、農耕トラクタが農作業機をけん引したままで公道を走行できるよう農業者から要請されている。「規制改革推進に関する第5次答申~平成から令和へ~多様化が切り拓く未来~」でも、安全性の確保を前提に、公道走行が可能となる枠組みを早急に行う必要性についてとりまとめられた。

これらを踏まえ、国土交通省は、これまで車両としての位置付けが明確でなかったトレーラタイプの農作業機を「農耕作業用トレーラ」として国土交通大臣の指定する農耕作業用自動車に指定するなど、所要の法令を整備して公道走行を可能にした。

トレーラタイプの農作業機を「農耕作業用トレーラ」として、道路運送車両法施行規則における、国土交通大臣の指定する農耕作業用自動車に指定した。農耕作業用トレーラの判断基準として構造要件を規定する。農耕トラクタ、農耕作業用トレーラの基準緩和の取扱いを規定する。農耕トラクタが農耕作業用トレーラをけん引したままで、公道の走行が可能となるよう、制動装置などの基準について緩和できることとする。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース