欧州自工会、FCAのマンリーCEOを新会長に指名…2020年1月就任へ

欧州自工会の新会長に2020年1月に就任するFCAのマイク・マンリーCEO
  • 欧州自工会の新会長に2020年1月に就任するFCAのマイク・マンリーCEO

欧州自動車工業会(ACEA)は、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のマイク・マンリーCEOが2020年1月、新会長に就任すると発表した。

マイク・マンリー氏は英国出身。2000年、ダイムラークライスラー(当時)に入社し、その後、クライスラーの商品企画担当の副社長に就任した。

2009年からは、FCA傘下のジープブランドのトップを務めていた。2018年7月、セルジオ・マルキオンネ前CEOの退任を受けて、FCAのCEOに就任している。

FCAのマイク・マンリーCEOが2020年1月、欧州自動車工業会の新会長に就任する予定だ。欧州自工会の現在の会長は、PSAグループのカルロス・タバレスCEO。欧州自動車工業会は、欧州の自動車業界の経済的な持続可能性を維持しながら、カーボンニュートラルな輸送への移行を促進することが、2020年の重要な取り組み、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース