月額5万5000円で アルファロメオ ジュリア に乗る

FCAジャパンは、アルファロメオのフラッグシップサルーン『ジュリア』発売2周年を記念して、月額5万5000円で3年間乗れる特別リースプログラム「Carta GIULIA(カルタ・ジュリア)」の販売を開始した。

毎月のリース料には、通常クルマの購入時にかかる車両代、登録諸費用などのほかに、自動車税(毎年)、重量税、自賠責保険料、新車購入と同様の3年間のメンテナンスプログラム、3年間のメーカー保証が含まれている。また、ドライブレコーダーやスタッドレスタイヤといったアクセサリー類も追加オプションとして選択できる。

対象モデルは「ジュリア2.0ターボ・スーパー」。パワートレインは2リットルターボエンジンと8速ATの組み合わせ、足回りには18インチアルミホイールを装備する。そのほか、プレミアムレザーシート、レザーダッシュボード/ドアパネル、ウォールナット/グレイオークのウッドパネル、ハーマンカードン製プレミアムオーディオシステムを装備する。

リースプログラムは、クルマの維持管理に要する各種費用込みのリース料金月額5万5000円(初回のみ11万円)を支払うだけ。頭金や登録諸費用など、購入時のまとまった資金が不要なほか、自動車税納税など一時的な出費を抑えられるので車両にかかるコストを簡単に管理できる。なお、3年間の契約満了後は、買取、返却、リース契約の延長から選択できる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース