ZF、バス向け新世代AT発表…最大3%燃費を向上

ZFのバス向け新世代AT「EcoLife 2」
  • ZFのバス向け新世代AT「EcoLife 2」
  • ZFのバス向け新世代AT「EcoLife 2」

ZFは10月8日、バス向けの新世代オートマチックトランスミッション、「EcoLife 2」を発表した。

「EcoLife」トランスミッションの第2世代となるのが、EcoLife 2だ。数多くの技術的な変更により、最大204kgmのトルクに対応し、スムーズなシフトチェンジを実現する。

EcoLife 2では、新しいねじりダンパーを備えたトルクコンバーターにより、迅速かつスムーズな変速を可能にした。また、EcoLife 2のすべてのバリエーションに、燃料を節約するスタート/ストップ機能を導入する。ZFはEcoLife 2のトルクコンバーターに、トーショナルダンパーを採用した。これにより、摩耗を最小限に抑えながら、快適性を引き上げている。

また、EcoLife2では、新開発の遊星ギアセットにより、ギア比を5.469から5.727に変更した。ZFのエンジニアは、ラメラクラッチに特別なコーティングを施すことにより、内部伝達損失をさらに削減した。このコーティングは冷却を最適化するため、摩耗も減らせる。

EcoLife 2では、冷却性の面で新技術を投入した。トランスミッションの後方に装着されたステンレス製の熱交換器はトリプルダクトになり、トランスミッションの冷却システムと一体化した。 その結果、約10kg軽量化され、メンテナンスを容易にした。

さらに、EcoLife 2では、トランスミッションの制御ソフトウェアを新しくし、燃料節約に貢献するコースト機能を採用した。これにより、最大3%燃費が向上する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • バスをギリギリまで寄せられる縁石、オリンピック選手村に設置へ ブリヂストンなどが開発 画像 バスをギリギリまで寄せられる縁石、オリンピック選手村に設置へ ブリヂストンなどが開発
  • VWトラック&バス「トレイトン」、新車の3分の1をEVなどの代替パワートレイン化へ 画像 VWトラック&バス「トレイトン」、新車の3分の1をEVなどの代替パワートレイン化へ
  • 自動運転バスが最高40km/hで公道走行…新機能追加、次の課題もみえてきた 埼玉工業大学 画像 自動運転バスが最高40km/hで公道走行…新機能追加、次の課題もみえてきた 埼玉工業大学
  • 三菱ふそうの大型観光バス「エアロクィーン」、2019年度グッドデザイン賞を受賞 画像 三菱ふそうの大型観光バス「エアロクィーン」、2019年度グッドデザイン賞を受賞

特集

おすすめのニュース