タダノ、12メートルクラス高所作業車をフルモデルチェンジ テレマティクス標準装備

タダノは、高所作業車 スカイボーイ「AT-121TG(F)/(R)」2機種をモデルチェンジし、9月25日より発売する。

スカイボーイAT-121TGシリーズは、最もニーズの高い12メートルクラスの高所作業車。乗用車並みのコンパクトな全長を実現する「ブーム前方格納」と、全高が低く利便性の高い「ブーム後方格納」の2つの異なる仕様を用意する。

今回のモデルチェンジでは、両仕様とも最大地上高と最大作業半径を拡大。クラス最大の作業領域を実現する。また、従来のリンク式ジャッキから、車幅内設置の直下式ジャッキへ変更。壁際やガードレール脇でのジャッキ設置を容易にしたほか、敷板の位置合わせも簡単になる。

これまで分離されていた車両下部のブーム操作とアウトリガ操作は、車両後端部に集中配置。壁際設置などにおけるブーム操作が容易になったほか、安全確認もスムーズになった。バスケットへの昇降経路は車両左側方から左後方に変更。壁際やガードレール脇での設置の際も、バスケットへのアクセスが容易となった。

さらに国内外の大型クレーンや高所作業車で運用中のテレマティクスWEB情報サービス「HELLO-NET」を標準装備した。車両の稼働状況や位置情報・保守管理をインターネットでサポート。車両故障時における迅速なアフターサービスなどに効果を発揮する。

標準仕様価格(税別・シャーシ価格含む)は1124万円から1144万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース