くるまマイスター検定、今年はオンライン形式で開催 11月13日・17日

イメージ
  • イメージ
  • 受検会場の様子(2016年)

日本マイスター検定協会は、11月13日、17日の2日間、日本唯一の総合自動車知識検定、第8回「くるまマイスター検定」を初のオンライン試験で開催する。

くるまマイスター検定は、近年の車離れを危惧し、幅広い人たちに車への興味を抱いてもらいたいとの思いから創設された、日本唯一の車に関する知識検定試験。今年はインターネットに接続されているパソコン・スマートフォン・タブレットでどこからでも試験が受けられるオンライン形式となり、より多くの人が受検できるようになる。

また、従来の3級(初級)、2級(中級)、1級(上級)、ジュニアの4階級に加え、安全運転や車のメンテンスといった日常のカーライフに役立つ問題の「4級」を新設。そのほか、通常の試験では物足りない人のために、3級試験のタイムトライアルやパーフェクト賞といった楽しみながら試験を受けられるチャレンジ企画も充実させる。

受検料(税別)は4級2000円、3級4000円、3級プロ4000円、2級5000円、1級6000円、ジュニアが2000円。11月5日までインターネットから申し込みを受け付ける。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • くるまマイスター検定、5095名が参加…規模拡大で過去最多を更新 画像 くるまマイスター検定、5095名が参加…規模拡大で過去最多を更新
  • 自動車整備士技能検定試験、2018年度の合格率は28.2% 画像 自動車整備士技能検定試験、2018年度の合格率は28.2%
  • ルノー トゥインゴ 改良新型発売、フロントマスク刷新やインフォテイメント強化 価格195万円 画像 ルノー トゥインゴ 改良新型発売、フロントマスク刷新やインフォテイメント強化 価格195万円
  • ホンダ、国内四輪車販売店に新店舗デザインコンセプト導入 2020年6月より順次展開 画像 ホンダ、国内四輪車販売店に新店舗デザインコンセプト導入 2020年6月より順次展開

特集