東急の観光列車、北海道上陸は2020年8月…機関車と電源車は専用塗色に

THE ROYAL EXPRESS
  • THE ROYAL EXPRESS
  • 北海道で運行される『THE ROYAL EXPRESS ~HOKKAIDO CRUSE TRAIN~』のイメージ。
  • 『THE ROYAL EXPRESS ~HOKKAIDO CRUSE TRAIN~』の編成イメージ。DE10形またはDE15形と思われる牽引機関車は「北海道の力強く明るく元気な太陽の色・収穫の色」としてオレンジ色を、次位の電源車は白を基調とした専用塗色に。本体の『THE ROYAL EXPRESS』は5両編成となる。
  • 『THE ROYAL EXPRESS ~HOKKAIDO CRUSE TRAIN~』が運行される沿線の一部駅では、このような装飾が施される。

JR北海道と東京急行電鉄(東急)は8月22日、北海道内で2020年の運行を予定している観光列車『THE ROYAL EXPRESS ~HOKKAIDO CRUSE TRAIN~』の概要を明らかにした。

使用される東急の『THE ROYAL EXPRESS』は、2017年7月にデビューした8両編成の豪華観光列車で、通常は横浜駅(横浜市西区)と伊豆急下田駅(静岡県下田市)間で運行されている。

北海道内での運行は今年2月に発表されており、「2020年5~8月の間のいずれか1か月で週4日程度を札幌~道東エリアで運行」とされていたが、今回の発表では、2020年8月に札幌発着で十勝・知床・富良野の各エリアを周遊する3泊4日のツアーで運行するとされている。

ツアーのなかで実際に『THE ROYAL EXPRESS』に乗車する区間は、1日目が札幌~池田間、2日目が釧路~知床斜里間、3日目が知床斜里~旭川間(一部バスなどを利用)、4日目が旭川~札幌間で、ツアーは4回催行される予定。

なお、『THE ROYAL EXPRESS』は直流専用電車のため、交流区間や非電化区間のみのJR北海道エリアで走行する際は、JR北海道のディーゼル機関車が牽引。車内へのサービス電源供給用に、機関車と『THE ROYAL EXPRESS』の間に電源車が連結される。

この電源車は、7月に東急がJR東日本から譲り受けたマニ50形(マニ50 2186)で、かつてJR東日本のジョイフルトレイン「リゾートエクスプレスゆう」で使用されていたものだった。

ツアーの発売は2020年2月を予定しており、旅行代金は後日発表される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • JR北海道が新たな観光列車を導入へ…キハ40形とキハ261系5000番台 2019-20年 画像 JR北海道が新たな観光列車を導入へ…キハ40形とキハ261系5000番台 2019-20年
  • JR東日本と東急など観光列車を北海道で運行…鉄道事業者4者が協力 2019-20年 画像 JR東日本と東急など観光列車を北海道で運行…鉄道事業者4者が協力 2019-20年
  • 意欲ある事業者よ、北海道に観光列車を走らせてみないか...国交省が公募を検討 画像 意欲ある事業者よ、北海道に観光列車を走らせてみないか...国交省が公募を検討
  • 【夏休み】「ロイヤル」観光列車が伊豆急線内のみで特別運行…料理監修者も同乗 画像 【夏休み】「ロイヤル」観光列車が伊豆急線内のみで特別運行…料理監修者も同乗