ポルシェ、自動運転技術企業に戦略的投資…次世代センサー開発

ポルシェの先進運転支援システムのイメージ
  • ポルシェの先進運転支援システムのイメージ

ポルシェ(Porsche)は8月21日、自動運転技術を手がけるイスラエルのTriEye社に、戦略的投資を行うと発表した。

TriEye社は2017年に設立された。ナノフォトニクス、深層学習、半導体コンポーネントの開発の分野において、豊富な経験を持つテクノロジー企業だ。

同社が開発したのが、短波赤外線(SWIR)と呼ばれる次世代センサー技術だ。これは、ほこり、霧、雨などの視界が悪い気象条件でも、高いセンシング能力を備えており、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転機能を搭載した車両の安全性を高める。同社は独自の半導体設計により、現在の数分の1のコストでSWIR のHDカメラを製造できる特許出願中の技術を保有している。

ポルシェは、次世代の先進運転支援システムと自動運転機能への道を開くこのセンサー技術は、大きな可能性を秘めており、SWIRは重要な技術になる可能性がある、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース