「観光地でボランティア活動をしてみよう」阪急交通社、日帰りバスツアー発売

富士山
  • 富士山
  • 南阿蘇鉄道
  • 高野山

阪急交通社は、観光地の環境保全や復興活動、美化などを目的とした、ボランティア日帰りバスツアーを発売。大阪、福岡、東京の3 エリアから出発する。

阪急交通社では従業員による観光地でのボランティア活動を2008年から実施している。昨今、旅行客のボランティア活動に対する意識が高まり、同活動への参加要望の声が多いことから、昨年よりツアーとして一般募集を開始した。

ボランティア活動の内容は、高野参詣道での土の運搬と整地や、南阿蘇鉄道駅での草刈り・清掃、富士山2合目での清掃で、60分から 90分の作業となり、初めての人や体力に自信がない人でも参加できる。活動後には、観光や温泉入浴など楽しい旅の要素を盛り込み、労をねぎらい、疲れを癒やす内容となっている。

大阪(梅田・なんば)発「高野参詣道女人道 道普請作業と高野山のガイドと奥の院めぐり」は9月16日出発で、旅行代金は大人3980円、小学生2000円。博多発「南阿蘇鉄道 復興ボランティア活動とトロッコ列車乗車」は9月28日出発で大人3000円、小学生2000円。新宿発「富士山清掃ボランティアと富士山の麓 ごてんば高原 御胎内温泉入浴」は10月10日出発で、12歳以上のみ参加可能。旅行代金は3000円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • スズキ、軽トラックの キャリイ 6台を寄贈 平成30年7月豪雨被災地などのボランティア活動を支援 画像 スズキ、軽トラックの キャリイ 6台を寄贈 平成30年7月豪雨被災地などのボランティア活動を支援
  • マツダ、社員の災害ボランティア参加をバックアップ 平成30年7月豪雨 画像 マツダ、社員の災害ボランティア参加をバックアップ 平成30年7月豪雨
  • 小田急とSBドライブ、江の島周辺公道で自動運転バス実証実験を実施 8月21-30日 画像 小田急とSBドライブ、江の島周辺公道で自動運転バス実証実験を実施 8月21-30日
  • AI制御自動運転バスを埼玉工業大学が国内で初めて開発、年6台の販売をめざす 画像 AI制御自動運転バスを埼玉工業大学が国内で初めて開発、年6台の販売をめざす

特集